結婚生活もブログも初めてのわたわたした日常を綴ってます。


by rawFruit
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:結婚式( 5 )

結婚式を終えて

ブーケを飛ばしすぎて落としたとか、飛行機が飛ばずに遅れたとか、誓いの言葉を間違えたとか、二人して指がムクんで指輪がスムーズに入らなかったりだとか・・・。ああ、出発2日前にツキのものも来てしまったなあ・・・。
色々あったけど(こうしてみるとありすぎ?)楽しい!嬉しい!があまりに大きくて「それもこれも私達らしい」になってしまった。
うーん・・・この反省のなさが私の成長しないところですね。反省。

さて、そんな私が結婚式準備で気をつけたことは・・・

・常に意識して姿勢を良く。(ホルダーネックタイプのドレスだったので姿勢が悪くなりがち)
・ドレスからアンダーウエアを見えないようにする。
・自爪の他に、チップも用意。
・シェービングを1週間前に済ませた


どれも結婚情報誌によく書いてあることですね。すいません。参考にならなくて。

それでも姿勢はとにかく大事!日常生活から何はなくとも姿勢だけは良くするように心がけました。
本によると背中の肩甲骨に、天使の羽を付けているイメージとのこと。

ベアトップなど、露出が多いドレスを着られる方は特にアンダーウエアがドレスから出ないように注意が必要かも。
特別ダイエットしていなかった私ですが、式前は痩せてドレスのお直しを結構しました。(最初は見えなかったのに、落ちて横からアンダーウエアが見えちゃって大変だったので直した)
でも、それを気にしてばかりいるもの大変だから、私はドレスにアンダーウエアは縫いました(がさつなもんで・・・)
ドレス屋さんと相談してみて、色々動いてみてもならべく気にならないようにしておくと良いかも。

ネイルは前日が一番良いのですが、行けなかった私は前日ホテルで再度トップコートを塗りました。
念のために持って行ったチップ(私はティアラというものを購入。トップコートが付いていなかったので、ラインストーンが取れにくいように事前に付けておいた。爪切りも持参)は使わなかったけど、持っていると安心かも。

シェービングは慎重になって、1週間ちょっと前に行きましたが2、3日前でも大丈夫だったかな。気持ち良かったし事前に何度か行っておけば良かった。

結論:やっぱり何事も準備・予約は早めに!
個人的にはダイエットをするより(しなかったけど)体力作りしておけば良かったと思いました・・・・。疲れると思うように活動出来なかったりするので。

ちなみに結婚生活でも実感中です・・・。
[PR]
by rawFruit | 2004-12-23 23:38 | 結婚式
国内で挙げるとしても、お色直しはせずに白いウエディングをずっと着ていたかった私。(remomotaさん派)

写真撮影の後はドレスを着たまま、チャペルのあるホテル内のフィレガロにて食事会。
ドレスを着て食事っていうのは、意外にもドレス持込じゃないと厳しいかも・・・。
サロンスタッフの対応を見ているとそんな感じ。

さて、披露宴ではないので(?)しっかり全部食べました。
ランチということで、一番安い8000円のコースを勧められた(というかランクアップを止められた?)時にはかなり心配だったのだけど、メインにお肉も、オマール海老も出てかなりのボリュームだったので充分でした。
最後はデザートまで食べきれない子も多かったし、アドバイスを聞いておいて良かったです。

プラスで私達はウエディングケーキを付けてドリンクは各自で。
再度の乾杯でシャンパン、後はワイン、ビール、ソフトドリンクなんかを好みで頼んでもらいました。(ちなみにドリンクは、フリードリンクのプランもあり)

ここでも友達ゲストからのサプライズで涙あり(何と友達全員が涙。女の熱い友情を感じずにはいられません!)、笑いあり(さっきまで泣いていても、笑いは忘れません!)でとても幸せでした。
例の両親へのアルバムも喜んでもらえたし。

式の準備中は正直、必ずしも全てが楽しく過ごせた訳ではなかった私。
どうすれば自分達も、そしてもちろんゲストも楽しく過ごせるのか迷ったり焦ったり。
だけどこの一日で全てが楽しい思い出になりました。
友達や親族に「自分もこんな結婚式をしたい!」って言われた時には本当に嬉しかったけど、それもこれも、皆が私達を支えてくれたからこそ出来たこと。
こんなに皆に喜んで貰える事が嬉しいと実感したことはなかったです。
自分達が結婚するっていう事で、喜んでもらえるって本当に幸せなことですね。

もちろんこのブログを通して、お会いした事ない皆さんにもどれだけ励まされたか!
皆様にも大感謝です。

さて、涙あり笑いありの挙式&食事会も最後にブーケトス
当初はブーケプルスをするつもりだったけど、「せっかくだから」と言われ(?)いざト~ス!

が、なかなか難しいものですね。落下しました(汗)
が、友達が必死で取りに行ってくれたので逆に盛り上がり♪

そんなこんなで、帰りはドレスを着てリムジンで帰り(彼の衣装は翌日にウェスティンのサロンへ返せばOK)、ホテルでも、とにかく人がいるいたるところで、知らない様々な国の方々に祝福の言葉&お褒めの言葉をかけられて、恥ずかしながらお姫様気分満喫でした。

この時の幸せな気持ちと感謝の気持ちを忘れないで、これからの人生を歩んでいきたいと思います。
[PR]
by rawFruit | 2004-12-23 22:47 | 結婚式
この日、グアムは朝からずっと良いお天気。サロンの方の話では基本的に雨は降ってもすぐに止むらしい。ただ風は強かった。(ベール、真横になびきました・・・)これも通常みたい。b0010652_17185237.jpg

介添人が付かないということだったけど、予想以上にサロンの方(日本人)が色々して下さるので助かった。ただ日本的に細かくっていうのはないです。多分・・・。

さて、普段から感動系モノに涙腺が極端に弱い私は、映画などでもそこ泣くか?というところで即泣。
なので周囲から、「絶対号泣だよ!」と言われていた。
が、これが泣けない。
なんだろう?気合入れすぎて準備し過ぎ?
ま、化粧も崩れたくないし胸を張って、元気な花嫁で!ってことで。

が、チャペルに入ると親友が既に号泣している!
それを見て一気に涙腺が壊れた私は、その後涙が止まらなかった。まさにダム決壊!
本場(意外とバイトだったりするかも!?)のゴスペルは列席者が鳥肌が立ったと言われるほど素晴らしかったみたいだけど、私は親友の涙の方がずっと胸にきた。
歌、ほとんど覚えてません。

歌が終わり父と一緒に歩き、そのあとはマザーキャンドルという儀式。
裁断の前には三つのキャンドルがあって、その両端のキャンドルにそれぞれ火をつける。
挙式最後には私たちがそれぞれのキャンドルの火を空中で重ねて中央のキャンドルに付ける。

ちなみに誓いの言葉等は全て英語。
というと大変そうだけど、実際は「Yes,Iam」「I do」など位で簡単なもの。
誓いの言葉も一句一句、神父さんに続いて言うので私のように英語が話せなくても大丈夫!
日本人スタッフが、ゲストにも(もちろん私にも)聞こえるように日本語で神父さんの言葉は訳してくれる。

しかし二人でそろって「Yes,Iam」と答えるところを、私だけ「Yes,Ido」と言ってしまい、彼はツボに入ってしまう。
ちなみに列席者には私の声は、そこまで聞こえるわけではないので、なぜ二人が笑っていたのかわからなかったらしい。

その後もすっかり動転というかリラックス?した私は、誓いの言葉を言う時に重ねる手を反対に置いてみたり(自分では間違っているとは全く思っていなかった・・・)、彼の写真撮影用に使うために入っていた手袋が3枚入っていて、取り出したときにポトリと落ちて、皆大爆笑だったり(これはスタッフが間違えた)

涙あり、挙式なのに笑いありで、私達らしい式だった。
スタッフの方達も楽しんでいただけたみたいだし(冷や汗だっただろうけど、こちら側は楽しませて貰った♪)

b0010652_17204170.jpg外ではフラワーシャワー。ちなみにこのチャペルでは、晴れたら正面から、雨でも横の通路には屋根があって、フラワーシャワーが出来ます。

その後はシャンパンで乾杯。
私達はその後、アルバム作成のため写真撮影へ。
[PR]
by rawFruit | 2004-12-21 21:46 | 結婚式
目を覚ましてドキドキしながら外を見てみると、まるでパンフレットのような晴天!!!
わあい!わあい!
晴天に昨日のトラブルの杞憂もすっかり飛んで、ワクワク。

宿泊先のウェスティンからチャペルのあるレオパレスリゾートまでリムジンで軽装(彼は短パン・・・)+スッピン(汗)で乗る。

ホテルの皆さんに暖かく迎えられ、キレイな館内に期待更にアップ!

打ち合わせ中にドレス・ベールをプレスして貰う(別料金)
私は全て持ち込みなのだけど、彼は現地でレンタル。

ということで、まずは彼の衣装合わせ。
国内外問わず、新郎の衣装って種類も少ないし、決める時間も少ない。
私達の場合は、日本のブライダルサロンで花嫁はドレスを予約出来るのだけど、新郎は現地で決めるしかない。(もちろん持ち込みも出来る)
一応サイズは事前に現地サロンへ情報が行っているとはいえ、前日の打ち合わせに決めるはずが当日なので彼に似合う衣装があるかかなり不安。
が、これも杞憂に終わった。
あっさりとフロックコートで似合うのを発見!

続いて、前日するはずの挙式の打ち合わせ。
ドレスを選ぶ時間を取らなくて良い分、まだ良かった。
でもほとんどぶっつけ本番に近い。

こちらを見てくれている方で、ここで挙式をする人は少ないと思うけど念のため情報。
ドレスの色は真っ白がほとんど。で、オフホワイトは少し。
長袖は多分なかったです。
小物は少なかったです。言えば出てきたのかもしれませんが・・・。

さて、いよいよヘアメイク。
こちらでは2時間完全貸切なので、花嫁のバッティングはなし。

日本から雑誌の切り抜きをいくつか持っていったけど、そのうちの一つのこれは現地にもあった。

ヘアは、日本の美容院で事前にやった時よりずっとキレイ!
続いてメイクも最初濃いかな?と思ったけどドレスを着ると丁度良かった(周囲談)みたいで、ワクワク。
最後に生花をつけたのだけど、これが想像以上にキレイ!

正直私のヘアメイクに関しては、海外でヘアメイクリハーサルなしということで、かなり不安だったけど、それは問題ない結果に。

心配だったドレスの皺もキレイにプレスされていてホッ。
しかしドレスを着ると一気に緊張して、震えが止まらない!!ガタガタ・・・
ヘアメイクさんに「皆さん緊張されますよ。でも大丈夫ですよ。とってもキレイです!」と言い切られて何だか魔法にかけられた気分。(単純)

フロック・コートを着てフラフラ館内の写真を撮っていた彼にドレス姿初披露。
(そう、ドレス選びの時に仕事が忙しくて一度も一緒に見に行った事がないのです)
私の妄想?通りのリアクションをしてくれて大満足。
(ありません?私を見るなり照れる彼・・みたいなもの。ちょっと憧れていたのだ)
震えも止まり、アルバムの写真撮影がスタート。

ちなみにカメラマンは日本人の方で、アルバムとは別にDVDも付けたのだけど、そちらは外国の方。(どちらもラヴィ・ファクトリーというところ)

良いお天気に、ゲストの笑顔、もう嬉しくて嬉しくて泣くような感じではないな、という予感をヒシヒシと感じつついよいよ父と腕を組みチャペルへ。

(続きを勿体ぶっているわけではなくて、まだ新居がネット繋がらないのです。
そのため会社からで、今までも多々会社からだったのですが、ちょっとバタバタしておりましてなかなか続きが・・・。見に来てくださる方ありがとうございます&すいません!!)
[PR]
by rawFruit | 2004-12-13 08:59 | 結婚式
実家から成田へドタバタな出発。
式にまつわるものは全て手荷物なので、手がふさがるところだけど、前日に行ったエステティシャンの方に「重いものをもたないように」と言われたので、妹が空港までドレス等の入った荷物を持ってくれる。ありがたや~。

成田で彼と彼のご家族、友人達に会う。彼の兄弟(彼は3兄弟の真ん中)には初対面。
挨拶もそこそこ、免税店を見たり、各々楽しんだ後は全員無事に機内へ。
ドレスとベールをCAさんに渡し、シワにならないように機内で掛けて貰う。
順調順調♪海外でトラブルに遭った事ないし♪

と思ったのも束の間、sagishiroさん!ありました!!早速トラブルが!!!

飛行機が離陸しない~~~~!!!
「機械故障のため、出発が遅れております」

「え~直してこの飛行機で飛ぶの?コワイから別の飛行機で行きたいよね。」
「悪天候ならともかく、機械故障なんてあるんだね~」
「3時間ちょっとだもん。多少遅れたって大丈夫だよね」
「午前便にしてやっぱり正解だったね」
「現地でネイルサロン行く予定だったけど、念のため前日に日本でしておいて良かった」
とのんびり構えていると再度アナウンス。

「当機は機械故障のため、別の機体、部品が揃わない為、キャンセルになりました。
別便で午後10時の便に振替になります」

は?10時?????
あっさりアナウンスしているけど、10時って夜の10時

顔面蒼白。
式、次の日の12時からなんですけど・・・。今日は打ち合わせがあるんですけど・・・。
別便って今日の最終便じゃないか~

「皆疲れちゃうよ、どうしよう・・・。」と不安がっている私に彼は
「俺たちが不満や不安ばかり言っていたら、来た人は皆「残念な結婚式だった」っていうものになるんだよ?逆に「大変だったけど、楽しかった」って俺たちが思っていれば、それが皆に伝わって、皆楽しかったに変わるんじゃない?」と言われ気持ちを持ち直す。

そうだよね。落ち着け~自分!
何しろ私の結婚式!きちんと準備した方々ですら結婚式は計画通りにならなくて当たり前(?)なのに。
これくらい(!?)のトラブルはブログのネタ、今後のネタにしてやる~~~!
芸の肥やし?な気持ち(ポジティブという名前の暴走)になっていると、彼パパに「大変な事が最初にあったから次からは楽だから良いね」と慰められ?
ゲストの友達には「私達なら大丈夫だよ♪」と笑顔で言われる。

ありがとう皆様!

JTBの担当のK野さんから電話でやり取り。
K野さんは落ち着いた優しい感じの方で、前日にわざわざ「いってらっしゃい電話」を頂いていたのだけど、この日のすばやい対応も、本当に頼りになりました。それにしても携帯って素晴らしい!!

結局、結婚式はプライオリティが高い(←こればかり言われた)ということで、私と彼はお先に17時過ぎの別会社の飛行機に乗ることに。
(これが全員ビジネスとかだったら違ったんだろうけど。ちなみに私達もエコノミー)
親族、ゲストは22時過ぎ発の飛行機でグアムへ。着いたのは真夜中・・・。
ちなみに機内では深夜にビンゴがあったとのこと。
リゾッチャよ・・・。
真夜中でもビンゴはやるのね・・・。

さて、私達がホテルに着いたのは21時半頃(本来なら14時半には着いている)
もちろん打ち合わせは出来ず、当日挙式前に今日の分の打ち合わせをすることに。
私達の他にも翌日他のチャペルでの挙式組がチラホラ。
共に明日は頑張りましょう!!(と勝手に心で思う)

どうか明日は晴れますように!
皆が無事に着いて疲れていませんように!
皆にとって素敵な式になりますように!
と思いながら、ベッドに横になると爆睡な前日でした。
[PR]
by rawFruit | 2004-12-08 13:01 | 結婚式